カテキョンで学べ!

KATEKYON

不登校の児童、生徒の家庭教師の役割について

不登校の生徒が全国に沢山いますが、学校に行っていないことから勉強がわからなくなりますます学校に行きにくくなるという悪循環にいたっています。不登校専門の家庭教師もいますが、数も少なく都市部の一部にしかいないのでまだまだお願いすることがかないません。それでも、勉強を定期的にすることによって登校のきっかけをつくることができるので一般の家庭教師の先生にお願いするということは必ず必要になってきます。そこで、一般の家庭教師の先生をお願いする場合のポイントについていくつか説明します。まず、最初の段階では不登校については触れないようにすることが大切です。まずは先生との信頼関係をつくることからはじめます。つまりまず最初は勉強だけを教えるようにするのです。そして、勉強が追い付いてから、実際にテスト等を行い学校に行っても問題のない程度の学力が確保されてから再登校にむけた話し合いを少しずつしていくことが大切です。学校に行っていなくても、授業についていけるという自信をつけさせることが大切なのです。

家庭教師で不登校の問題を解消できます

家庭教師で不登校の問題を解消する事ができます。不登校の児童には様々な問題があります。心のケアであったり、勉強であったり、人間関係であったり様々となっています。そのような問題を解消する事が出来るように活躍してもらう事が出来るサービスが家庭教師となっています。心の問題を解消する事が出来るように心のケアをしてもらう事が出来るようになっています。両親や先生などに伝える事が出来ないような悩みでも聞いて解消する手助けをする事ができます。また、学校に復帰した際に学力は非常に大きな問題となります。学校に登校していない期間の学力を取り戻すために個別で勉強の指導をしてもらう事が出来るようになりますので、学力向上を目指す事が出来るようになり、よりスムーズに学校に復帰をする事が出来るようになります。人間関係などでは、教師の人生経験から様々なアドバイスをする事が出来るようになっています。そのため、再び同じ問題が起きないように対処する事が出来ます。

check

最終更新日:2017/3/2

トップへ